fc2ブログ

Entries

【44thサタプロニュース】#4 西牧世博先生

<プロフィール>

昭和30年生まれ、岡山県浅口市出身。

昭和56年に大阪大学大学院工学研究科を卒業し、同年に日本国有鉄道に入社。

昭和62年民営化により日本国有鉄道がJR四国となる。

平成18年に取締役に、平成28年に専務に就任。

令和2年から代表取締役社長を務めている。


「○○分に1本」を四国でも

 現在、JR四国では徳島都市圏・高知都市圏にパターンダイヤを導入しています。パターンダイヤというのは一定の時間間隔で運行されるダイヤのことで、大都市圏近郊のJR線や私鉄・地下鉄各線でよく導入されています。パターンダイヤを導入することで乗務員や車両の運用を効率化できるとともに、「何分に列車が来る」というのが調べなくてもわかるので利用者にとっても使いやすくなります。

 JR四国では、平成26年度に宇都宮浄人・関西大学教授の紹介でオランダのProrail(プロレール)社(旧オランダ国鉄のうち、鉄道施設の保有・管理を行う会社)のKlaas(クラアス) Hofstra(ホフストラ)氏による社内勉強会を行い、四国版パターンダイヤの素案を作成しました。その後、京都大学の技術指導のもと費用便益分析を行い、徳島地区での先行実施が決定されました。

 そして平成31年度の牟岐線を皮切りに、令和2年度に徳島・土讃線で、令和4年度に高徳・鳴門線で、それぞれ導入されています。


海外から、四国の列車に乗りに来る

 「ものがたり列車」というのはJR四国の運行している本格的な観光列車の総称です。

列車は「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」「志国土佐時代の夜明けのものがたり」の3つで、それぞれ「伊予灘の風景」「大歩危峡の渓谷美」「土佐の歴史・土佐流のおもてなし」がコンセプトとなっています。地域の工芸品を内装に採用した専用の車両で運行され、車内では地元の料亭や企業が提供する食事やデザート、飲み物を愉しむことができます。

 これらの列車の運行目的は赤字路線の収支改善ではなく、沿線の活性化です。観光コンテンツとなる列車を運行することでメディアなどに取り上げられ、全国へと発信されることで島外の観光客を呼び込むことができます。実際に令和4年度は一年で5万人以上の人が「ものがたり列車」に乗車し、そのうち35%は島外からの利用でした。中には台湾・香港からの利用もあるそうで、観光誘発に成功しています。


地域と一体になった鉄道を目指して

 四国モデルはスイスがモデルになっているそうです。スイス国鉄は全線でパターンダイヤを導入しているほか、スマホ一つで電車やバスに乗ることができます。鉄道に対する二次交通との連絡が良いことも特徴で、小さな駅でも列車が到着するとバスが待っていて、すぐに乗り換えることができます。「公共交通ネットワークの四国モデル」は、MaaS(タイプの異なるいろいろな交通サービスを一つのサービス上に統合し、より便利な移動を実現する仕組み)の考え方の下、鉄道やバスなどの交通機関が特性を発揮し、有機的に連携した利便性の高いモビリティを提供できるように追求を続けています。そのために、パターンダイヤのさらなる拡充や、地域の関係者と一体となったモビリティ間の連携、交通結節点の強化など、鉄道を利用しやすい環境づくりや利用促進に向けた取り組みを進めていこうとしています。現在松山駅で行われているような連続立体交差事業・周辺土地区画整理事業のような「まちづくり」での連携や、四国企業との連携、地域・観光振興にも取り組んでいくそうです。



東海高等学校・中学校サタデープログラム実行委員会 
サタデープログラム44thは2024年2月24日(土)開催予定!

【迫真】サタプロ申し込み締め切り迫る!!!【あと三日】

どうもみなさんこんにちは。

颯爽のごとく現れるサタプロブログ担当です。

軍団

さて皆さんサタプロの申し込みはもうお済みでしょうか?

まだという方、お急ぎください!

サタデープログラムの申し込み締め切りは1/31の16:00となっております!

なんとあと今日含め三日しかありません!
お急ぎください。

もしこの機会を逃すともう申し込めません!

講座一覧はこちら
受講申し込みはこちらからアクセスできます!

是非是非お申し込みください!

それではまだ次回お会いしましょう!
( ^∀^)/~サラダバー


東海高等学校・中学校サタデープログラム実行委員会 
サタデープログラム44thは2024年2月24日(土)開催予定!

実行委員長のぼやき#109~44th、申し込み開始~

どうも、初のぼやきとなります。

中岡嵩翔です。

ブログを書くのは初めてなので緊張していますが、頑張ろうと思います。

imagecopy.jpg

先日、44thサタデープログラムの申し込みが開始しました。色々とトラブルはあったものの、なんとか乗り越えて申し込み開始までこぎ着けました。


そしてこの44thサタデープログラム、特筆すべきはやはり、その講座数です。

なんと今回のサタデープログラムの講座数は67講座。これは20年の歴史があるサタデープログラムの中でも最多の講座数となりました。やったぜ。

とはいえ、大事なのは来ていただいた方々に満足のいくサービスを提供すること。これからも頑張って行こうとおもいます!

余談
これって実行委員長のぼやきでいいんですよね?

広報部長でもあるので、実行委員長以外のぼやきでもいい気がする・・・・・・

東海高等学校・中学校サタデープログラム実行委員会 
サタデープログラム44thは2024年2月24日(土)開催予定!

【44thサタプロニュース】#3 立崎乃衣

講師紹介44th (3)

<プロフィール>
2004年生まれ。
株式会社リバネス モルティングジェネレーター。

5歳より電子工作、9歳よりロボット製作を始める。
15歳から18歳までの青少年を対象とした国際的なロボットコンテストであるFIRST Robotics Competition (FRC) のチームSAKURA Tempestaに所属し設計を担当。

FRCでは優秀な成績を数多く収めている。孫正義育英財団5期生や、Forbes JAPAN 30 UNDER 30に選抜。

現在は海外大学出願までのギャップイヤーを利用して様々なことに取り組んでいる。

ロボットの世界大会はフェスティバル
立崎さんが参加していたロボットコンテスト、FIRST Robotics Competition (以下「FRC」) という大会はアメリカの大会で、初戦からハワイの地域予選に参加します。

英語が話せなかった中学生の時でさえ、海外の人とロボットを通じてコミュニケーションがとれるとモチベーションに繋がりました。

FRCには「More than Robots(ロボットを超える)」という言葉があり、ロボットを通して、ロボット以上の学びを提供する場になっています。

例えば、FRCに参加することで、他のチームと戦う中で生まれるチームワークをはじめとした仲間とのやり取り、一つの目標を達成するという経験などを積むことができます。

ロボットを知っているだけではロボコンは勝てない
FRCでチームとして活動していくために重要なことは、ロボットに関する、ハード(機体)設計、プログラミング、ロボット組み立てのスキルだけではありません。

仲間とのコミュニケーション、プレゼンテーション力も重要ですし、大会によっては、英語力、時間管理力、資金調達力も欠かせません。

さらには、社会に対してインパクトを与えるためには何をしたらいいのか考える、といったことまで必要です。

社会に一歩を踏み出す時に必要なスキルを実践するための場になっています。

「こんなものが欲しい」が、すぐに手に入る世界へ
立崎さんは中学・高校時代の初め、ロボット製作のスキルをロボコンで勝つためだけに使っていました。

転機になったのは2020年、ロボット制作のスキルを応用してフェイスシールドを自作し、寄付活動をしたことです。自分のスキルを人のために使うのは素晴らしいことだという思いが強くなり、将来自分のスキルを役立てる仕事をしたいと思うようになりました。

2050年までに実現したいこととして立崎さんが挙げるのが「ものづくりの事業化」。誰かが頭の中で 「こんなものが欲しいな」と思った時、自動的に「こういうものですか?」 という提案がされて、自動的に組み上げ方が設計され、自動的に組み立てられて目の前にそのものが出来上がる、という世界を実現したいと考えていらっしゃいます。

この世界は、今のテクノロジーを組み合わせていくことで実現できる可能性があるとのことです。

当日の講座では・・・
当日は立崎さんのほかにも、レゴで作ったロボットで世界大会に出場した高校生、小学生の頃に電子工作を始め、世界大会に届く技術を持った高専生、そして、この東海中・高を卒業し、現在京都大学で電気電子工学を学ぶ先輩をお呼びして、公開座談会を開催する予定です。

ロボットに興味のある人、プログラミングに興味のある人、 工学科・情報科への進学に関心がある人は、ぜひこの講座に参加してください!

きっと、具体的な未来が見えるような講座にします。


東海高等学校・中学校サタデープログラム実行委員会 
サタデープログラム44thは2024年2月24日(土)開催予定!

【44thサタプロニュース】#2 藤田直哉

藤田直哉

<プロフィール>
批評家・日本映画大学准教授
1983年札幌生まれ。SF・文芸評論家。
東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻修了。博士(学術)。

著書に『ゲームが教える世界の論点』(集英社新書)、『新海誠論』、『攻殻機動隊論』、『シン・ゴジラ論』(作品社)、『新世紀ゾンビ論』(筑摩書房)、『シン・エヴァンゲリオン論』(河出書房新書)など多数。朝日新聞に「藤田直哉のネット方面見聞録」掲載中。

あなたは本当に映画を「見て」いるのか?
突然ですが、皆さんは映画を見るときどのように見ていますか?

映画の楽しみ方は十人十色で実に多様な楽しみ方があります。

例えば、映画にはそれぞれとても緻密に作りこまれたストーリーがあり、その物語自体をじっくりと味わって楽しむという見方があります。
はたまた画面の構図や生き生きとした色彩を持ったグラフィックなど、映像美を楽しむ見方もあります。

このように映画はただ見るだけでも面白く、私たちを楽しませてくれるものです。

しかし、映画監督たちが、映画に観客や社会へのメッセージを含めているという意識を持って見たことはあるでしょうか?

わが東海中学・高等学校でも人気の高い、新海誠監督の作品『天気の子』を例に見ていきましょう。

『天気の子』は単なる恋愛映画ではない
2019年に公開された『天気の子』は、新海誠監督のいわずと知れた代表作の一つです。

皆さんはこの映画を見てどう思いましたか?
新海誠監督のその独特の世界観や、主人公とヒロインの心情の移り変わりを描いたストーリー構成、とても美麗なアニメーションなど、本作の持つ数々の魅力に惹かれた方も多いのではないかと思います。

ところで、この作品はいわゆる「恋愛モノ」とみなされることが日本では多いですし、これをお読みになっている皆さんの中にも、新海作品は単なる少年少女の恋愛を描く映画だという印象を持っている方は多いのではないでしょうか。

しかし、国際連合広報センターのブログに掲載された新海誠監督本人のインタビューで、本作は「気候変動」と「貧困」を描いた作品だと明確に述べています。

実際、雨が降り続けているという設定や、主人公たちを取り巻く経済的な環境はそれらを明らかに反映しています。では、なぜ多くの観客はこれに気付くことができないのでしょう?

ここでは、気候変動について論じてみましょう。

新海誠監督は「日本は温暖化が顕著になる以前から自然災害が多かったので、環境の変化に過剰適応してしまっている」という発言をし、様々な災害に遭い続けてきた我々日本人の、伝統的な心の習慣に問題意識を向けています。

つまり、この映画の設定が実は私たちに身近なものであり、知らず知らずのうちに見慣れてしまっているから気が付かないのだということです。

この問題について、本講座の講師である批評家の藤田直哉さんは、著書『新海誠論』の中で、「自然は「神」であり、逆らっても仕方ないもの、諦めて受け入れてしまうしかないものとして、日本列島で生きる者の心性が形成されており、それが気候変動などの問題を意識から消している」のだと解釈しています。

新海誠監督作品に限らず、ほとんどすべての映画は、気づきやすさに違いはありますが、制作者からのメッセージを含んでいます。
たとえば『エヴァンゲリオン』には、「オタクは現実に帰れ」という庵野秀明監督からのメッセージを含んでいますが、新劇場版と旧劇場版でその伝え方に大きな違いがあり、評論家の間で話題になったという話があります。

このサタプロニュースを読んで、映画に込められたメッセージに興味が出たという人は、この講座を受ける前に左上の画像にある藤田直哉さんの著書『新海誠論』や、『シン・エヴァンゲリオン論』を読んでいただくと、よりこの講座を楽しんでいただけるかと思います。

当日は『すずめの戸締まり』を中心に掘り下げていきます
本講座は、映画のメッセージ性を軸に、『すずめの戸締まり』など近年のヒット作品を、講師の藤田直哉さんと本校映画研究部員との対談を交えながら深掘りしていきます。

皆さんの映画の見方をワンランクアップします! 会場からの質問や発言も歓迎です。たくさんのご参加お待ちしております!!


東海高等学校・中学校サタデープログラム実行委員会 
サタデープログラム44thは2024年2月24日(土)開催予定!

Appendix

お知らせ

プロフィール

サタデープログラム実行委員会

サタデープログラム実行委員会
サタデープログラムは東海高校・中学校にて、愛知県及び名古屋市の後援の下、私学助成金によって運営されている土曜市民公開講座です。
このブログでは、実行委員の活動の様子をブログ担当がお届けするほか、実行委員長による記事(通称“ぼやき”)を掲載します。
その他にもサタデープログラムに関する様々な情報を掲載致します。

FC2カウンター

ブログ内検索