FC2ブログ

Entries

NOW ON AIR!

NOW ON AIR!
第3部(14:30~16:00) 講座番号27
南城大輔(DJ、ZIP-FMミュージックナビゲーター)


 1977年3月5日生まれ
 ZIP-FMミュージックナビゲーター
 ●ZIP-FM(77.8MHz)担当番組
  レディオエイティーン
   毎週月火21:00~24:00
  ZIP DANCE HITS20
   毎週日21:00~23:00

 ZIP-FMの番組でいつも明るく元気に話している南城さん。そんな南城さんに、普段は声しか聞くことのできないラジオの詳しい話や体験談を聞きたいと思い、この講座を開きました。
 中区丸の内のZIP-FMで南城さんにお話を伺って来ました。

大切なのはテンションと嘘をつかないこと
 南城さんは放送中に特に心がけているが2つあるそうです。
・絶対に放送中はテンションを下げない!
 南城さんは過去に放送前にとても落ち込んでしまったことがあったそうですが、その時は全くリスナーには関係ないからと割り切って、普段通り放送したそうです。当然といえば当然の事ですが、とても大変な事だと思いました。
・意見を求められても嘘をつかない!
 放送中に電話やメールなどでリスナーから意見を求められた時は、自分の意見をハッキリと答えるそうです。なので、苦情がくることも多々あるとか。しかし、自分の意見といっても極論は言わないようにバランスはとっているそうです。

アドリブ!
 番組中はアドリブがとても多いとおっしゃっていました。原稿の内容をそのまま伝えるのはアナウンサーの仕事で、原稿を自分の話口調で話したり、自分の知識を付け足したりと工夫して伝えるのがミュージックナビゲーターだそうです。原稿に付け足す知識を、南城さんはテレビや新聞などからも取り入れているそうで、原稿通りに読む必要は全くないと話していました。また、南城さんは知識得るためにどれだけ外に飛び出してゆくかも大事だと話していました。そのため、話し過ぎて伝えきれなかったことも多くあるとか。
 他にもアドリブが大切なのは災害などが起こった時です。災害時などは絶対に動揺せずリスナーに安心を与えることが大事だと南城さんはおっしゃっていました。

ラジオとテレビの違い
 南城さんの考えるラジオとテレビの違いはスタッフのチームワークだそうです。テレビは毎回スタッフが変わる事が多いけれど、ラジオはスタッフがほとんど変わらないそうです。そのため、ラジオの方がスタッフ同士のチームワークが強いとおっしゃっていました。
 また、南城さんは「今はラジオをテレビと違って聞くことが少なくなったので、ラジオの楽しさを知らずに大人になると、そのままラジオを聞かない大人になってしまう」ともおっしゃっていました。そこで現在いろいろな学校を訪れてラジオの楽しさを知ってもらう活動をしています。

リスナーが見えてくる!?
 南城さんは放送中、リスナーがどんな感じでラジオを聞いているかが見えてくるそうです。逆に見えてこない時が自分だけの話になっている可能性があり、危険だとおっしゃっていました。南城さんはそれが見えてくると、スタッフとリスナーが近くにいるような不思議な感覚がするそうです。

他の人にはできない!
 南城さんは他の人には絶対にできない番組をやらないといけないと考えていらっしゃいます。他の人にできるぐらいなら、その人に譲るほうがいいとも断言されていました。
 この話を聞いた時、南城さんのプロ魂を感じました!

 ここでは紙面の都合でわずかしか紹介できませんでしたが、当日は他にもたくさんの貴重なお話をたくさんしていただきます。
 ラジオの生放送で南城さんが実際に使われている物も見られるかもしれません!
 普段はラジオをあまり聞かない人も、毎日聞いている人もぜひ来てください。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

お知らせ

プロフィール

サタデープログラム実行委員会

サタデープログラム実行委員会
サタデープログラムは東海高校・中学校にて、愛知県及び名古屋市の後援の下、私学助成金によって運営されている土曜市民公開講座です。
このブログでは、実行委員の活動の様子をブログ担当がお届けするほか、実行委員長による記事(通称“ぼやき”)を掲載します。
その他にもサタデープログラムに関する様々な情報を掲載致します。

FC2カウンター

ブログ内検索