Entries

27th実行委員長より、皆様へ

 はじめまして、と言いたいところですが実は前回からブログを読んでいる方にはお久しぶりになります、前回の講座部長、そして今回の実行委員長の黒木と申します。

 前回の山北に代わって今回は私が実行委員長を務めることになりました。もう今回で私のサタプロも9回目。かの「熊」さん達ももう受験生。いやはや時がたつのは早いものですね。私もすっかりサタプロと一蓮托生になっていました。

 サタプロの醍醐味といえば、「生徒が率先して行う」こと。生徒がやるからこそ意味があります。生徒が実際の社会に触れ、直接お話を伺うことができる機会など滅多にはありません。本やインターネットで調べるのと、実際に会って話を聞くのとでは雲泥の差です。そして何より、ここは学校の授業では学べない、現代の社会に必要とされている能力を養える数少ない場であると考えています。その「能力」とは、コミュニケーションをとる能力、自分で調べ、それを基に今自分がどうすればよいかを考える能力。そう、普通に考えれば、「出来て当たり前の能力」なのです。
 ですが、当たり前のことができないようでは社会に出てから通用しません。これこそが、大人ではない生徒が電話やメールで直接交渉し、取材に行き、講演を企画する意味だと思います。

 というわけで、今回は「常識を持ち、良識に発展させる」サタプロにしたいと思っています。実行委員が一般社会の常識を持ち、サタプロを通して自分なりの意見、考えを構築してほしいということです。といっても、あくまで理想です。実際は常識を身につけることすら簡単に出来ないのですから。私も、「一般社会の常識はあるか」と問われたらうなってしまうと思います。高2の私でこれですから、中学生ならばなおさらです。それぐらい常識を身につけるというのは大変なのです。しかし、「持とうと努力する」ことはしているつもりです。
 実行委員の皆さんには良識という「樹」まで育たなくても、向上心という「芽」は出してほしいものです。芽が出れば、自然と育っていきますから。
 我々も我々で、「これぐらい出来て当たり前だろ」と切り捨てず、その「当たり前」を後輩に教えていくべきなのでしょう(と、かっこいいこと言っていますが「当たり前のことを当たり前にする」という文言が既に24回で取られていたためこうなりました)。

 さて、最後に少し近況報告です。GW前の今日でも講座がどんどん決まっています(私も負けじと急いでます)。まだ何かはお知らせできませんが、これまでに劣らぬものになりそうです。今回も、当日来ていただいたお客様に、「来てよかった」願わくば、「また来たい」と思っていただけるよう全力を尽くしていきたいと思っております。第27回サタデープログラム、乞うご期待!!!そして、ハッピーホリデー。

東海高校・中学校サタデープログラム27th生徒実行委員長 黒木悠登

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

お知らせ

プロフィール

Author:サタデープログラム実行委員会
東海高校・中学校にて、愛知県及び名古屋市の後援の下、私学助成金によって運営されている土曜市民公開講座です。
このブログでは、講座担当実行委員が事前取材の上作成しているサタデープログラムニュースや当日に向けた作業の様子を紹介します。
その他にもサタデープログラムに関する様々な情報を掲載致します。

FC2カウンター

ブログ内検索